在宅副業の目標の第一歩は月三万

在宅ワークでどのくらい稼げるものなのかわかりません。ブログなどを見ていると、主婦が在宅ワークを始めるときにまず設定する目標は月三万であることが多いようです。次が月五万。なぜかわかりませんが、奇数ですね。
言い換えるとこの程度の金額なら稼げるということかもしれません。もちろん高収入の仕事で何十万と稼ぐ人もいるのでしょうが、ここは内職と同程度の在宅ワークのことを考えることにします。
ある程度稼げるようになったら、主婦の人なら次に考えるのは「パート並み」ということではないでしょうか。パートだと月8万から10万くらいでしょうか。扶養手当も廃止になると聞いたことがありますので、パートに出ている人はもっと稼ごうとするのではないでしょうか。在宅ワークでももっと稼ぎたいと考える人は多いでしょうが、外に出にくい事情そのままに仕事に時間を割きにくい人が多いかもしれません。
家で少しでも多く稼ごうとすると、どうしてもパソコンに向かっている時間が長くなります。子どもが大きい、またダンナさんも残業で家にいない時間が長いというような人は別として、子どもが幼いとか介護が必要な人がいるような場合は、もっと仕事の時間を取りたいのに取れないというジレンマと戦うことになります。しかし、それでも続けていけるのが在宅副業の利点でしょう。
何事も一足飛びには達成できません。家での仕事でも少しづつ増えていく収入を楽しみに、日々頑張るしかありません。収入の方法も何か一つに決めてしまうのではなく、いいのが見つかったらとりあえずやってみるといったフットワークの軽さも必要となるでしょう。
そして、月三万、月五万といった目標金額の設定も、頑張る原動力になる気がします。目標を立てればそれを達成したくなるし、達成できれば次にはそれを超えたくなるものだからです。大企業だけでなく一人でコツコツ地道に頑張る仕事でも、目標設定が大事なのは同じなのですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ