主婦の副業としてコーヒー屋台をはじめてみました

コーヒー好きの主婦の憧れの副業といえば、コーヒー屋さん!結婚してからというもの毎日のようにコーヒーを淹れる技術を磨いてきた私は、今やちょっとしたコーヒー名人。お友だちを我が家に呼んで開く御茶会でも、私のコーヒーは美味しいと評判になっています。自家焙煎までしている凝りようですから、みんなに喜んでもらえるのがとても嬉しいです。

そんな私がいよいよコーヒー屋さんをデビューを果たしました。舞台は地元で毎週日曜日に開催されるマルシェ。たくさんの農作物や工芸、料理、ドリンクが屋台販売されている市場で、私もコーヒー屋さんを開くことにしたのです。いつか自分の店を持つための肩慣らしです。価格設定は一杯400円。果たして私のコーヒーがお客さまに受け入れられるのかどうかドキドキです。

当日はお友だちに店を手伝って頂きました。私はネルドリップでじっくりとコーヒーを淹れるので、接客業まではなかなか手がまわらないためです。ドン臭い私に比べて、その友人はとてもテキパキとしていて、大いに助けられました。なぜなら、なんと私の臨時コーヒーショップに絶え間なくお客さまが訪れてくれたからです。私のコーヒーが美味しいとの口コミが会場内に行き渡り、噂を聞きつけた方々が私の店に押し寄せてくれました。この日は売上なんてちっとも期待していなかったのに、結果としては主婦の副業のデビュー戦としては上々のものとなりました。

コーヒーを主婦の副業とする。私のこの目論見は間違っていなかったようです。もちろん、実店舗を持つに至るまでには様々な障害があるでしょうが、肝心要のコーヒーの腕前に関して言えば、この日のおかげで大いに自信をもつことができました。今後はしばらく、このマルシェで主婦の副業としてのコーヒー店を開いていくつもりです。この臨時ショップで長い間、高い売上を維持することができれば、きっと私のコーヒー屋さんの夢へと近づけるはずだと思うのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ