主婦の副業で得られる所得の仕組み

主婦の副業の中で一般企業で雇用されて得られる給料の場合は企業側で源泉徴収がされない場合、一定の収入に満たした時に基本的に自分で収入の証明書などを持って確定申告をする必要があります。自宅で被扶養者としての位置にいながら働く場合、自宅で得られる収入の分は、一定の所得を満たした場合に雑所得として税務署で確定申告を行います。

家族で旦那が正社員の仕事をしている中で、主婦の副業として家庭を助けながら成功を収めている人も多いです。翻訳などの高品質な資格を持っていれば数千円以上の時給を見込んで、月に10万円以上の高い所得を得ている人も存在します。家族を養う為に補助的な立場にいる人は、1年間にいくらの所得を得ているのかを把握して、正しい所得の額で税務署に申告する事で社会保障などの恩恵の度合いが変化してきます。

主婦の副業で得た所得は、年間で得た報酬の総額から必要経費を差し引いた額で算出する事が一般的な考えです。必要経費はパソコンやソフトなどの仕事をする上で必要な費用の事を指していて、さらにクライアントなどに納品する場合に掛かった費用の合計を合わせて経費として計上します。被扶養者の場合は1年間に得た所得の控除額として、法律では38万円という数値が定められています。基本的に1年間で必要経費を差し引いて38万円を超える報酬を得ていたら、税務署で確定申告をする事が義務付けられています。報酬の額などの条件によっては、個人の事業主として成功している人も多いです。

所得税などが掛かる場合の条件として、年間で103万円の所得を超える事が特徴ですが、130万円を超える場合は社会保険に関する扶養者の対象外になる事を知っておく必要があります。従って、自身で国民健康保険や国民年金に加入する事を意識して、年間の報酬が129万円までに抑えられるように主婦の副業を選ぶ事で、保険料を支払わないでお得に仕事が展開できるように報酬の面を鑑みながら仕事選びをする事も重要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ